千葉県立高校入試の方式見直しについて(高根ゼミナール11月21日更新)

千葉県立高校入試の方式見直しについて、
本日朝日新聞に記事がありました。
 
<11月21日朝日新聞記事一部抜粋>
県教育委員会は試案通り「入試は1回限り」
と見直す方針を固めた。現在の小学6年生
が受験する2021年春の入試から実施し
たい考えだ。
前期と後期を1本化した「本検査」を2月
下旬に実施する。

つまり県立入試が1発勝負となります。
その結果、事前の受験情報の取得が
これまで以上に重要になってきます。
当塾ではこういった情報をすばやく収集し
皆様に的確なアドバイスができるよう努めてまいります。
  
なお、高根ゼミナールでは35年以上地元で経営し
蓄積したきた経験、実際の卒業生の生の情報など
を元にさまざまな受験のアドバイスをしていきます
ので受験への不安、情報が欲しいという方は
外部の方でもいつでも相談を受付けておりますので
お気軽にご相談、お問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です