個別指導と個人指導の違い(高根ゼミナール 10月30日更新)

いつもHPをご確認頂きありがとうございます。
プレオープン中の新教室ですが、看板を設置し、
教室の窓ガラスに装飾もされて段々本格的に教室らしくなってきました。

ホームページにもバナーやサイトを掲載始めてますので、
ご興味ある方はご確認下さい。
※現在作成・修正中ですので見にくい部分はお許し下さい。
今後、システムや料金等もあわせて掲載していきます。

本日は今後本格的に募集を始めます
完全マンツーマンの個人指導について
語らせていただきます。
長くなりますが、ご興味ある方はお付き合い下さい。

○個別指導と個人指導の違い
・個別指導とは
 「生徒2~4人に対して先生が1人で指導する」もの

 を言います。最近よくCMで先生1人に2人まで~のCMを良く見か
 けますが、1人の生徒が演習している(問題を解いている)間の時間
 に、他の
生徒の指導を行うことで指導を効率化し授業料を安くして
 提供してい
るものです。
 ※一部の塾さんでは映像授業で学ぶことを個別指導と呼んでいる塾さんもあります。
 ⇒メリットは  
 1.マッチングできれば仲の良い友達と2、3人で授業を受けることができる
 2.集団授業より時間や科目の選択に自由度がある。
⇒デメリットは
 1.他の子を指導している時間というのは、本人にとっては問題を
   解いている時間となるため、実際に指導を受けている時間は
   授業時間の半分か3分の1もしくはそれ以下となってしまう。
 2.高校生と中学生、中学生と小学生などまったく学年の違う子
   の指導やまったく異なる科目(数学と社会)などの指導を
   あわせて行う場合がある。
   その場合、先生の力量が低い場合には良質な指導を受けられない
   ばかりか、生徒もその時間授業に集中することができず、
   勉強の質ががくっと下がってしまったり、指導時間がかたよって
   しまうことが多い。
   例:中3生徒は説明が40分、中1生徒は説明が20分など。
 
・個人指導とは
 「生徒1人に対して先生1人がマンツーマンで指導する」ものを言います。
 高根ゼミナールで行う個人指導はこちらとなります。
⇒メリットは
 1.生徒は1人となるため、じっくり本人に向き合い、理解不足の点や
   苦手部分の把握、本人に合った指導ができる。
   特に生徒が問題を解いている様子は、どの部分で手が止まっているか
   どんな解き方をしているのか(計算方法、文章問題の理解、英文の
   読み方など)から、本人の苦手部分や理解不足の部分を把握し、
   指導する内容や時間配分を考えるための貴重な情報となります。
 2.個別指導よりさらに時間や科目の選択に自由度がある。
(希望により実際に英検対策やテスト前対策(理・社)なども行っています。)
 3.授業中に他のことがまったく気にならない。授業に没頭できる。 
  
  
高根ゼミナールでは地域密着専門塾として地域貢献の意味も
  含めてできる限り安価な価格で個人指導を提供するよう努めております。
  他の塾さんと比較してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です